業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

工務店関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

工務店とはそもそもなんですか?

ずっと自分の家を欲しいと思っていて、最近になって仕事が安定してきて結婚をして子供もできたため、そろそろマイホームを建てても良いタイミングだと思い、調べてみると工務店に依頼をして家を建てるケースが多いということが分かりました。
しかし、これまでに工務店というものを利用したことがなく、工務店がそもそもどういう存在なのかもよく分かっていないため、工務店について詳しく教えてもらいたいです。

回答

工務店にはいろいろなタイプがいます


工務店とは工事を請け負う業者のことであり、その際には複数の専門工事業者のマネジメントをして、工事がきちんと行われるように全体の管理を担っている存在であり、工務店に依頼をすれば工事業者の手配をして工事を進めてくれるでしょう。
ただし、工務店といってもさまざまなタイプが存在しており、たとえば職人である棟梁が経営しており、棟梁自身が設計から工事まですべてを担当するタイプもあるのですが、それ以外にもいろいろなパターンがあります。
たとえば、社内で建築地を抱えているケースや社外の設計事務所と連携している工務店があり、このような工務店はデザインや設計を重視することによって他社との差別化を図り、オリジナルの住まいを実現するために力を尽くしてくれます。
あるいは、設計は完全に外部に便り、施工だけを行っている施工専門の工務店もあり、このような工務店の場合は自分達の技術力の高さをアピールしており、高い技術力によって質の高い住まいを仕上げてくれるでしょう。
ハウスメーカーのような工務店もあり、この場合はオリジナルの住まいを商品化やシリーズ化しており、それを販売することを重視しており、中にはハウスメーカーの下請けとして仕事をしている工務店もあります。
工務店の数だけ形態の違いがあるといっても過言ではないのですが、基本的に工務店に依頼をして家を建ててもらうならば、設計と施工の両方を工務店に頼むことになり、工事の手配や住まいのデザインなどはすべて工務店が請け負ってくれるのです。
実際に工務店に在籍しているスタッフのみで家が建てられるわけではなく、施工については施工会社に外注をするケースもあるのですが、工務店とは最終的に工事の質について責任を持っている存在であり、そのため信頼できる工務店に家づくりを依頼しないと、失敗してしまう可能性があるため注意しましょう。
工務店が家づくりに関するすべての工程の責任を持つことになるため、質の悪い工務店を選んでしまうと手抜き工事をされる、不用な工事の費用を請求されるなどの悪質な行為をされる可能性もあるのです。

PageTop