業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

工務店関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

注文住宅を建設してもらうメリットは何ですか?

今はマンションに住んでいるのですが、子供ができて大きくなってきたため、手狭に感じるようになってきており、もっと大きな住まいで生活したいと考えているため、一戸建ての住宅に引越しをしたいと思っています。
そこで、建売住宅を買うか、工務店に依頼して注文住宅を建ててもらうか悩んでいるのですが、注文住宅を選ぶメリットがよく分からないため、教えてください。

回答

こだわりを追求して間取りや設備などを選べるのが注文住宅です


注文住宅とは、建築依頼者が建物の間取りや仕様、外観などを計画して建築する方式となっており、フルオーダーとセミオーダーのふたつの種類に分けることが可能であり、建設会社や工務店などが請け負っています。
フルオーダーの注文住宅では細かな仕様を決めることができ、その住宅に関わるすべての項目について指定して計画できるため、手間がかかってしまい、専門的な知識も必要となるのですが、世界でひとつだけの自分のための住まいを追求することができます。
ただし、こだわりを追求していくとかなりの資金がかかってしまうケースがあるため、資金と時間に余裕のある人に向いており、とにかく品質にこだわっているのであれば、フルオーダーを選ぶと良いです。
セミオーダーの場合は基本的な仕様が決まっており、主に設備や外壁の色などを自分で決めることができる方式となっており、間取りも選択することが可能であり、ある程度自由に自分の希望を追求することができる方式です。
多くの人はフルオーダーではなくセミオーダーを選んでおり、それほど手間をかけずにある程度満足できる住まいを計画することができるため、それほどこだわりがないならば、セミオーダー住宅でも十分満足できるでしょう。
注文住宅の建て方は2種類があるのですが、いずれも自分の希望を取り入れることができる点に特徴があり、住宅に関してこだわりがあるならば、建売住宅よりも注文住宅を選んだほうが満足できます。
また、注文住宅はこれから建てられる点に特徴があり、建築現場をチェックできるというメリットがあるため、家が建てられる途中段階を確認することができ、手抜き工事が行われていないか点検できる点もメリットです。
実際に注文住宅には欠陥住宅が少ないと言われており、建築現場に自分で足を運んで工事の様子を確認することができれば、安心することができて、満足できるでしょう。
注文住宅はグレードアップやグレードダウンを自由に行えるため、予算の調整もしやすいというメリットがあり、予算内で自分のこだわりをできるだけ盛り込んだ住まいを建てられます。

PageTop