業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

工務店関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

工務店選びのポイントは?

念願のマイホームを建てるために、いろいろなハウスメーカーや地元の建設会社などの住宅展示場やモデルハウスなどを訪れて、営業の方の話をたくさん聞いてきましたが、どんな良さそうなことを伝えてくれても、住宅展示場で案内をしてくれているのは、あくまでも担当の営業で、例外もあるのかもしれませんが、実際に家を建てるとなった時には、設計などの別の担当者に業務が引き継がれて、結局実際に家を建ててもらう職人さんとは、工事がはじまった後に現場に行くしか会うことができないことが分かりました。
さらに、家を建てる大工さんなどの職人さんは、ほぼ100%下請けで、そうなると本気で良い家を建てようとしてくれるかに大きな疑問が湧いてしまい、それなら打ち合わせから会って顔を見ながら話せる工務店に、直接家の施工を任せた方がいいと思うようになりました。
そこで質問なのですが、ハウスメーカーや建設会社と工務店との違いも含めて、良い工務店選びのポイントを教えてください。


回答

将来性があって経営が安定していることは重要です。


工務店とハウスメーカーや建設会社の違いは、ご指摘の通りに工務店は自社施工のため、コストパフォーマンスに優れているところや、施工上の規制も多くないため、設計デザインの自由度が効くところです。
ただし、展示場やショールームは基本持っていないため、具体的に自分がどのような家に住むことになるのかイメージがつきにくいことや、デザイン面を含めた最先端に弱いなどのデメリットもあるので、その辺もしっかり考慮した上で、工務店選びを行いましょう。
大きな工務店もありますが、地元に根付いて長く営業している工務店の多くは、小規模なところがほとんどです。
そうなると、施工後に経営が傾いた場合や、後継ぎがいない場合は、アフターにも保証にも影響してきますので、その点を心配するなら、経営が安定していて将来がある工務店を選びましょう。
大きな工務店になると、ハウスメーカーのように施工は下請けに丸投げ、ということもありますので、その点は依頼する前にきちんと確認してください。
ハウスメーカーのように規格住宅などはないとしても、それぞれの工務店には得意分と不得意分野あり、デザイン性を重視していたり、無垢材を多用したり、いろいろなこだわりを持っています。
したがって、自分たちの理想やイメージにマッチした家造りをしている工務店を選ばなければいけません。

PageTop