業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

工務店関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

賃貸住宅を建設する時の注意点は?

将来的には、マンションを建設して、悠々自適な老後を送ることを目標にしていますが、それを実現するためにも、今できるところから不動産投資をはじめようと思い、賃貸住宅を建設することを決めました。
マンションやアパートとは違い、一戸建てということで、施工はハウスメーカーや工務店や設計事務所などに依頼すればいいと考えているのですが、賃貸住宅を建設する場合の注意点があれば是非教えてください。


施工業者の選定は慎重に行いましょう。


賃貸住宅を建てる土地を所有しているのか?融資は利用するのか?など、不明な点があり、それによっても不動産投資の利益に大きな影響があるので、その点も明確にしたいところですが、自分の家を建てるのとは違い、賃貸住宅を建設する場合は、長きに渡り空きを出さないで、いかに多くの利益を出すかが重要となります。
したがって、普段一般住宅しか取り扱っていない業者よりも、賃貸住宅を多く手がけている業者に建設を依頼することをおすすめします。
土地探しや、その後の管理や入居者の募集業務も必要な場合は、不動産会社に相談するのも良い方法です。
賃貸住宅は、数十年に渡って商品力を維持させなければいけません。
そのためには当然定期的なメンテナンスや、いろいろなトラブルに迅速に対応してくれる業者が必要となります。
市場動向や経済状況が変動した場合の対応策があるかも、リスク回避のためには必須なポイントです。
万一それに対応できない場合は、売却しやすく、売却した時になるべく損をしないで、高額で処分できるかも大事なところです。
自分に何かあった場合は、相続問題にも対応してくれれば尚更安心です。
もちろん、施工業者にその全てを求める必要はありませんが、1つの業者にトータル的なサポートをしてもらえた方が、安心した不動産投資ができることになります。
自分が満足する家にする必要はないため、賃貸住宅としての価値があることを、市場調査によって明確にしてもらえるかも大切なポイントで、ターゲットとなる客層などの分析もしてもらえるかなど、人口動態や地域傾向をしっかり検討して、それらを設計に反映してくれる業者であれば、今後も不動産投資を成功させられる可能性も高くなるでしょう。
入居者を入れ替える際のリフォーム工事にも対応してもらえるかも大事なポイントで、事業計画にもそれが組み込まれていることを確認して、信頼できる施工業者を選択しましょう。

PageTop