業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

工務店関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

マンションのリフォーム工事はリフォーム専門業者と工務店のどちらがいいですか?

親が所有し管理しているマンション2棟の管理を手伝うようになり1年が過ぎました。それまで勤めていた会社を辞めて、高齢になり仕事が重荷になってきた母に代わり自分が代表者となるつもりです。1棟は分譲マンションで2部屋空きがありますが他は埋まっており、もう1棟は賃貸で築25年になり、空室が何軒もあります。母は特に賃貸マンションの内装に手をかけたことはありませんが、私は最低でも水廻りのリフォームが必要だと考えています。学生でも社会人でも古い物件は人気がなく、家賃を多少安くしても入居者を募集するのは苦労します。今はオシャレなマンションやデザイナーズマンションが増えているため、時代に追いつくためにも先行投資が必要かと思い試算しています。地域にはご近所さんとして付き合いしている工務店があり、仕事が確かなのは理解しています。丸々リノベするなら工務店がいいかとも思いますが、バストイレだけ、キッチンだけといったパーツ的なリフォームの場合、リフォームを専門にしている業者の方が特異性があり、アイデアや費用の柔軟性があるのではとも思ったり。実際どうでしょうか?

回答

その工事に特化している会社に頼むのが安心です


リフォーム工事に対応している会社は数多くあります。建設会社や工務店といった一から家づくりを行っている会社が行うリフォームもあれば、リフォームに特化した業者もあります。どちらへ頼むのがいいかというよりは希望されるリフォームを得意としている会社に頼むのが確実です。
リフォーム業者の中には水廻りに特化している業者もあれば、壁や床を得意としている業者、更にはデザイン性に優れたリフォームが得意な業者など様々です。イメージされているスタイルへの理解が深く、施工実績の豊富な会社へ相談されるのがよいでしょう。
地域に密着した営業スタイルが多い工務店でも会社の特異性は様々です。仕事が確実で信頼関係が構築できる会社であれば今後の対応にも期待できますし、相談しやすい利点があります。一社だけでなく複数の会社に見積もりを取ったり、相談するのも一つのアイデアです。賃貸物件のリフォームを行っている業者であればニーズを把握しており、コスト面に対応した工事も可能でしょう。
業者にとっても一度きりでなく、今後のお付き合いも期待できるマンションリフォームは魅力のはずですから、丁寧な仕事が望めるのではないでしょうか。

PageTop