業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

工務店関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

ハウスメーカーは工務店より建築費用が高いって本当?

マイホームの建設を考えていて、そのことを両親に話すと、可能であれば姉の旦那のお兄さんが大工さんをしているから、お兄さんが勤めている工務店で家を建てて欲しいと言われました。
私も妻も、これまでどこのハウスメーカーにしようか?という悩みしかなく、工務店という選択肢は一切なかったわけですが、父がハウスメーカーよりも確実に工務店の方が建築費用は安くなるし、そうすれば姉の顔も立つから、もしまだここといった施工会社を決めていないのであれば、是非お願いしたいということで、正直私も妻も困惑しているところですが、本当にハウスメーカーよりも工務店に家の建築を依頼した方が安いのか?ということと、その他のハウスメーカーと工務店の違いなどがあれば、分かる範囲でなるべく詳しく教えてください。


回答

工務店の方が建築費用は安くなりがちです。


ハウスメーカーと工務店のどちらが建築費用が高いかについては、一概にはどちらが高いとは言えませんが、一般的にお父様のおっしゃる通りに、工務店の方が建築費用を抑えられることになります。
その理由は、ハウスメーカーは大工さんを含み、家を建てる実務をすべて下請け業者に任せますが、工務店だと家の建築の大半の業務である大工仕事を自社で行うため、その分の中間マージンを省けることになるからです。
工務店が家の建設を請け負う場合も、自分たちができない業務は下請け業者に依頼して作業してもらうことになり、そこから中間マージンを得るケースがほとんどですが、ハウスメーカーの場合は、宣伝広告費や人件費にも多額の経費を使っていることから、どうしても工務店よりも割高な中間マージンを徴収しなければ経営が成り立たない仕組みとなっています。
費用面以外においては、ハウスメーカーは常設の展示場などをもっていたり、頻繁に見学会を開催するなど、見本になる家をいつでも見ることができますが、工務店の多くは展示場ももっていなく、見学会も開催していないところがほとんどです。
また、家の建築だけではなく、ハウスメーカーだと土地の購入や住宅ローンの相談がしやすいというメリットもあり、一定の品質を確保でき、アフターサービスや保証面でも充実している利点もあります。
これに対して工務店は、設計やデザインの自由度が高く、打ち合わせの段階から直接施工を担当する職人さんと打ち合わせができるので、間違いが起こりにくいというメリットや、地域密着型ということで、いろいろ融通が利くという良い点もあります。

PageTop