業者選びに役に立つ建設・工務店に関連した業者をご紹介します。

工務店関連コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

工務店の職員はどういった教育を受けていますか?

これから家の工事を頼むために工務店に相談しようと考えていて、その際にはしっかりと教育を受けた職人に仕事をしてもらいたいと思っています。
そこで、工務店の職人というのはどのような教育を受けているのかが気になっているところです。
実際に工務店の職人は会社でどういった研修などを受けているものなのか知りたいため教えてください。

回答

技術だけではなくマナーなども教わります


これから工務店を利用するとなるとどういう教育を受けた職人に対応してもらうことになるのか気になる人は多いでしょう。
工務店の中には自社で職人の教育をしっかりと行っているところがあり、そちらでは職人の質を高めるためにさまざまな研修の機会を用意していることが多いです。
職人への研修の中では当然技術的なことをたくさん教わる機会があり、それによって現場に立てるだけの技術を身につけられるようになるのです。
また、それだけではなくてマナー研修のようなものも大切にされていて、しっかりと学習の機会があります。
たとえば、しっかりと挨拶をすることの大切さを学ぶところから始まり、どのようにして施主と接すればいいのか言葉遣いから態度まで細かな点もしっかりと教わるのです。
挨拶やマナーの教育を徹底することによって、顧客に不快感を与えず信頼してもらえる職人になれるのです。
職人への教育を通じて意識改革を図っており、それによって利用者の満足度を高めることに成功しています。
また、研修の中には職人のモチベーションを高めるための機会が用意されていることもあります。
やる気を引き出すための工夫もしてあげないと職人はやる気を失ってしまい仕事で力を発揮しなくなったり、離職したりする可能性があるからです。
研修や教育を通じて職人たちが全力で仕事に取り組めるような環境を整えようとしています。
これから工務店を選ぶのであれば、その会社が職人の教育のために一体どのような工夫をしているのか調べてみるとよいでしょう。
他者にはない独自の研修の工夫を実施している会社もあり、そのような工務店はとても信頼できます。
質の高い工事をしている工務店というのは、自社施工を心がけていて、自社に所属している職人の教育にも熱心に取り組んでいるところが多いのです。
工務店のホームページをチェックしてみれば、職人に対する教育の実態を調べることができます。
また問い合わせをしてみて、教育に関してどのような工夫をしているのか聞いてみるとよいでしょう。

PageTop